iphone修理のいいお店とよくないお店の見分け方

iPhoneの動作に不具合を感じたとき、自分で直せそうにない場合は専門店に修理を依頼することを考えるでしょう。
そのiPhoneの修理が可能な店には大きく、正規店と非正規店がありますが、
どちらに端末を持ち込むかは両者の違いを把握してから決める必要があります。
正規店と非正規店のもっとも大きな違いは、
当然のことながら販売元であるApple社の認定を受けているかいないかの違いですが、
この違いはサービス内容にもあらわれています。

まず、正規店に端末を修理に出した場合

修復可能であれば不具合を起こしている部品はApple社の認定を受けた純正のものと交換となり、
不可能であれば同型のiPhoneの新品と交換になりますが、
非正規店の場合は修理可能であれば対象部品とほぼ同性能のサードパーティ製のパーツと交換になりますが、
不可能な場合は新品を買い直すしかありません。
一方、正規店では修理完了後のiPhoneは設定と保存されていたデータがすべて消去され、
初期状態になって返却されますが、非正規店では初期化をしないまま修理の作業に入るため、
データは基本的にはそのまま端末内に残ります。しかし、不具合の内容によっては削除をしなければならない場合があるので、修理が必要となったときに備えてこまめにデータのバックアップをとっておくことが重要です。
修理代金については、非正規店の方が安い傾向にあります。
しかし、端末を手に入れてから1年以内であれば、Apple社の製品保証の対象となり、
故意に故障させていなければ無償で修理を受けることができます。
また、端末購入時に延長保証サービスに加入すれば、保証期間を購入日から2年間とすることができ、
この期間内であれば通常より大幅に安い料金で修理をしてもらうことができます。
一方、非正規店は安い反面、修理をするとその端末については二度とApple社からのサポートを受けられなくなってしまうほか、
製品保証の期間内であっても保証自体が無効となってしまうデメリットがあります。