iphone水没は海水と真水で復旧率は違うのか

iphoneを海水に水没させてしまった場合、海水以外の時と比べると復旧する率が大幅に下がります。
海水には塩分が含まれているので、普通の水に水没させてしまった時よりも基板などの腐食が数倍も大きくなってしまいます。
海水の塩分によって腐食やサビなどが発生してしまうと、基板などが故障してしまう可能性が高くなります。
海水によって基盤が大きく損傷してしまった場合は、基盤を洗ったり部品を交換しても修理する事ができない場合があります。
そのため、普通の水に水没させてしまった時よりも、海水の場合の方が大幅に復旧率が低くなってしまいます。
iphoneを通常の水や海水などに水没させてしまった時は、次のような対処をする事で復旧率が上がる可能性があります。
iphoneを海水に水没させてしまった場合は、最初に電源を切って下さい。
電源が入っていない時はそのままにしておき、電源を入れてはいけません。
iphoneの電源を入れてしまうと、海水が原因になりショートしてしまう事があります。
ショートさせてしまうと復旧率が大幅に下がってしまうので、絶対に電源は入れないで下さい。
iphoneの電源を切ったら、全体を水道水で洗います。
海水は水道水と比べて大変汚れています。
その汚れや海水に含まれている塩分が付いたままだと、iphoneの基板などにサビが発生してしまいます。
それを防ぐために、塩分などをしっかりと洗い流して下さい。
洗い終わった後は、ドライヤーで乾かしたり、水を切るために振ったり、電源を入れたりすると修理不能になってしまうので気を付けて下さい。
水洗いをした後は、何もしないでなるべく早く販売店にiPhoneを持ち込みましょう。
海水以外に水没させた時は、すぐに電源を切り内部のSIMカードを抜き取って下さい。
水洗いなどはしないで、水分を良く拭き取って下さい。
ドライヤーなどは使わないで乾燥させて、なるべく早く販売店に持ち込みましょう。
慌ててしまうと復旧率が下がってしまうので、気を付けて作業をしましょう。
iphone修理 京都
iphone修理 梅田